読書の秋の由来とは?「好きな本診断」と「読書ノート」で読書を楽しもう!

この記事は2006文字です。
約2分で読めたら読書速度1200文字/分。

読書の秋の由来とは?「好きな本診断」と「読書ノート」で読書を楽しもう!

みなさんは「読書の秋」の由来を知っていますか?

暑さが和らいで、集中しやすい気候だから…というだけでなく、実はもっと深い理由があったのです。

この記事では、「読書の秋」の由来と、新しい本のジャンルに出会えるかもしれない「好きな本診断」、読書の記録をするための「読書ノート」を紹介します。

「読書の秋」の由来とは?

「読書の秋」の由来は、中国の唐時代の詩人 韓愈(かんゆ)[768~824年]が読んだ漢詩が元になっていると言われています。

符読書城南

時秋積雨霽  
時、秋にして積雨(せきう)霽(は)れ

新涼入郊墟   
新涼(しんりょ)郊墟(こうきょ)に入(い)る

燈火稍可親   
灯火(とうか)稍(ようや)く親しむ可(べ)く

簡編可卷舒   
簡編(かんぺん)卷舒(けんじょ)す可(べ)し

意訳すると、

秋の長雨もやみ空が晴れ渡る頃、

初秋の涼しさが郊外の丘にも広がり始める

秋の夜にはようやく灯りを親しむことができるので

書物を広げて読書を進めることができる

この漢詩から、「燈火(とうか)親しむべし」という言葉がやがて日本に伝わり、“秋の夜は灯りをともして読書をするのにふさわしい”というイメージになったと言われています。

読書週間はいつからはじまったの?

「読書の秋」だから「読書週間」が開催されている・・・と、いう訳ではないようです。

読書週間の歴史

終戦まもない1947年(昭和22)年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。
そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。 そして『読書週間』は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。

読書週間は、75年も前から始まっていたのですね。

第75回である今年の読書週間の標語は「最後の頁を閉じた 違う私がいた」です。新しい自分をみつけられる、そんなすてきな本に出会いたいですね。

今までに読んだことない本を読んでみよう!

好きな本診断

本は内容やテーマによって、さまざまな「ジャンル」に分類されています。
いつも同じような本を読んでいるひとは、いつもと違ったジャンルの本に挑戦してみるのもいいですね。

速読情報館では、「好きな本診断」ができます。

読書ノートを作ってみよう

読書ノート

本を読んだら、読書ノートを書いてみませんか?
読んだ内容や感想を記録することで、記憶の定着や、要約する力も身につけられるでしょう。 読書ノートはコツコツと続けることが大切です。読書感想文のような長文ではなく、思ったことを短く書いてみましょう。

書く内容

・読んだ日付
・本のタイトル
・著者/出版社
・あらすじ
・印象に残った内容、意見や感想

手書きでノートに書いている人や、最近ではSNSに記録代わりに投稿するアカウントも見かけられますよね。

自分にあった方法で読書記録に挑戦してみてください。

まとめ

読書を楽しんで、新しい自分に出会おう

  • 読書の秋は中国の唐時代の漢詩「燈火(とうか)親しむべし」が由来と言われている
  • 読書週間は1947年から始まった
  • 速読情報館では「好きな本診断」ができる
  • 読書ノートで記録すると記憶や要約の力アップにもつながる

「好きな本診断」で好きなジャンルを見つけたら、図書館や本屋さんに出かけてみるのもいいですね。読書の秋に素敵な本に出会ってください。

関連キーワード

人気記事

あなたの読解力をテスト!読み解く力を鍛える方法とは?
2020.02.27

あなたの読解力をテスト!読み解く力を鍛える方法とは?

読解力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。
読解力を向上させるためのいくつかの方法をご紹介します。

あなたの思考力をテスト!思考力って鍛えられるの?
2020.03.02

あなたの思考力をテスト!思考力って鍛えられるの?

学校や仕事、日常生活の中などで直面する様々な問題。
そんなときに必要となるのが、「思考力」です。

2022.01.24

2022年度実施 大学入学共通テスト国語 文字数を分析 ほか教科では難化傾向

2022年1月15日、2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト1日目が行われました。国語は昨年に比べ約500文字増え、全体的にやや難化傾向です。

2021年度実施 大学入学共通テスト英語 語数を分析
2022.01.24

2022年度実施 大学入学共通テスト英語 語数を分析 昨年比約500語増加

2022年1月15日、2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト1日目が行われました。大学入学共通テスト英語 リーディング、リスニングの語数カウント結果と、分析を掲載します。