【速読情報館】https://www.sokunousokudoku.net/media

あなたの読解力をテスト!読み解く力を鍛える方法とは?

さっそくですが、みなさんは下の読解力の問題(リーディングスキルテスト)をどのくらいの時間で解けますか?

※正解は、ページ最後尾に記述

【問1】
以下の文を読みなさい。
 Alexは男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある。

この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから1つ選びなさい。

 Alexandraの愛称は(  )である。

 (1)Alex (2)Alexander (3)男性 (4)女性

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」 新井紀子著 東洋経済新報社

短い文章ですが、よく読まないとわからない問題ですよね。
この問題における中学生(235名)の正答率は、たったの37.9%。 高校生(432名)の正答率は64.6%でした。

続いては、大人にも誤答が多かったという問題です。

【問2】

 アミラーゼという酵素はグルコースがつながってできたデンプンを分解するが、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない。

 この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから1つ選びなさい。

 セルロースは(  )と形が違う。

(1)デンプン (2)アミラーゼ (3)グルコース (4)酵素

「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」 新井紀子著 東洋経済新報社

このように、文章をすらすら「読む」ことができたとしても、そこで述べられていることを正しく理解し、内容を把握できているとは限りません。文章を「読み解く」とは、言葉の意味や働き、文法などをふまえて、文章の構造を正しくつかみ、内容を理解することなのです。
近年、このような基礎的な読解力が低いために、教科書レベルの文章を正しく読めていない生徒たちが多くいると問題視されています。
※正解は、ページ最後尾に記述

読解力を鍛える方法は?

では、読解力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。読解力を向上させるためのいくつかの方法をご紹介します。

読書

まずは文章を正しく読む必要があります。そのためには内容を理解していない「飛ばし読み」や「斜め読み」をしないように、前から順番に読むことが大切です。
どうしても飛ばして読んでしまうくせがついている人は、ペンで追いながら読んだり、線を引きながら読むといいでしょう。

文章をまとめる(要約)

つぎに、読解力を向上させるための練習として「要約」が有効と言われています。文章を短くまとめるためには内容を正しく理解し、別の言葉で置き換える必要があります。本や文章、ニュースを短くまとめる練習をしてみましょう。
文章にするだけでなく、日常の会話で他の人に「簡潔に説明」するというのも練習になるでしょう。

2021年1月から実施されるの大学入学共通テストでは「記述式」の導入は見送られましたが、大学別の入試や高校入試、定期テストではこういった文章を要約するの記述問題が出題されています。
読解力を向上させることを日頃から心がけることで、入試やテストで役立つ読解力を身につけたいですね。

読解力を段階的に鍛えるトレーニング

日本速脳速読協会が提供する「TERRACE 速読解力講座」では、読解力を体系的にトレーニングします。
短い文章から始めて、図入りの問題や長文問題などレベルアップしながら読解力の向上を目指します。

読解力トレーニング(例)
読解力トレーニング(例) 読解力トレーニング(例)

読解力トレーニング(例) 読解力トレーニング(例)

全国2,200教室で開講している「速読解力講座」では、読む速さと読解力を診断することができます。
まずは自分の読解力がどのくらいなのか、実力を知ることが読解力向上の第一歩です。ぜひトレーニングを体験してみてください。

【日本速脳速読協会】 ▼近くの教室を検索▼
速読解講座 : http://sokunousokudoku.net/courses/sokudokkairyoku/

※正解 【問1】(1)「Alex」 、【問2】(1)「デンプン」

関連キーワード