新学習指導要領で高校生の国語はどう変わった?大学入学共通テストへの影響は?

この記事は4404文字です。
約4分で読めたら読書速度1200文字/分。

令和4年度に高校に入学した生徒から、新しい学習指導要領で学ぶことになり、大学入学共通テストも令和7年度試験以降、新しい学習指導要領に対応した試験となります。
「論理国語」「文学国語」「国語表現」「古典探究」など新しくなった国語の科目で取り扱われる文章や、授業時数、大学入学共通テストがどう変わるのかを紹介します。

新しい学習指導要領の特徴

現在の小・中・高等学校における国語教育の課題

小・中・高等学校の国語科の課題については、文部科学省発行の『高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説』で次のように示されています。

  • 経済協力開発機構(OECD) によって行われる国際的な学習到達度調査(PISA)について、PISA2012では、読解力の平均得点が比較可能な調査回以降、最も高くなっているなどの成果が見られたが、PISA2015においては、読解力について国際的には引き続き平均得点が高いグループに位置しているものの、前回調査と比較して平均得点が有意に低下していると分析されている。
  • 全国学力・学習状況調査等の結果によると、小学校では主語を捉えることや文の構成を理解し表現の工夫を捉えること、目的に応じて文章を要約し、複数の情報を関連付けて理解を深めることなどに課題があるとされている。中学校では、伝えたい内容や自分の考えについて根拠を明確にして書いたり話したりすることや、複数の資料から適切な情報を得て比較したり関連付けたりすることなどに課題があるとされている。
  • 高等学校では、教材への依存度が高く、主体的な言語活動が軽視され、依然として講義調の伝達型授業に偏っている傾向があり、授業改善に取り組む必要がある。また、多様なメディアから読み取ったことを踏まえて自分の考えを根拠に基づいて的確に表現すること、国語の語彙の構造や特徴を理解すること、古典に対する学習意欲が低いことなどが課題となっている。

次に、これらの課題を踏まえた新しい学習指導要領の内容をご紹介します。

改訂によって育成を目指す資質と能力とは?

文部科学省の解説によると、高等学校の国語科で育成を目指す資質・能力は「国語で的確に理解し効果的に表現する資質・能力」とし、教科の目標は「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」の三つの柱となっています。

三つの柱に沿った資質・能力の整理を踏まえ、「話すこと・聴くこと」「書くこと」「読むこと」の3領域および「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」で構成していた内容を、「知識及び技能」及び「思考力、判断力、表現力等」に構成しなおしています。

新設された科目の構成と学習内容

今回の新しい学習指導要領の改訂では共通必履修科目として「現代の国語」「言語文化」、選択科目として「論理国語」「文学国語」「国語表現」「古典探究」となっています。

平成21年告示学習指導要領 平成30年告示学習指導要領
共通必履修科目 国語総合(4単位) 現代の国語(2単位)
言語文化(2単位)
選択科目 国語表現(3単位)
現代文A(2単位)
現代文B(4単位)
古典A(2単位)
古典B(4単位)
論理国語(4単位)
文学国語(4単位)
国語表現(4単位)
古典探究(4単位)

※単位数は標準単位数

共通必履修科目の「現代の国語」「言語文化」は、高等学校の国語科の課題を踏まえて新設されています。
共通必履修科目を2科目新設した理由として、これからの時代に必要とされる資質・能力を明確にした科目として設定することにより、高校国語科の課題の解決を図るとしています。

また、選択科目については、共通必履修科目「現代の国語」「言語文化」で育成された能力を基盤とし、「思考力・判断力・表現力等」の言葉の働きを育成する科目として「論理国語」「文学国語」「国語表現」がそれぞれ新設されました。
さらに「言語文化で育成された資質・能力」のうち「伝統的な言語文化に関する理解」をより深めるため「古典探究」が新設されています。

各科目ではどんな文章が取り扱われる?

「現代の国語」

  • 現代の社会生活に必要とされる論理的な文章及び実用的な文章

「言語文化」

  • 古典及び近代以降の文章とし、日本漢文、近代以降の文語文や漢詩文 などを含める
  • 我が国の言語文化への理解を深める学習に資するよう、我が国の伝統と文化や古典に関連する近代以降の文章を取り上げる
  • 必要に応じて、伝承や伝統芸能などに関する音声や画像の資料を用いることができる

「論理国語」

  • 近代以降の論理的な文章及び現代の社会生活に必要とされる実用的な文章
  • 必要に応じて、翻訳の文章や古典における論理的な文章などを用いることができる

「文学国語」

  • 近代以降の文学的な文章
  • 必要に応じて、翻訳の文章、古典における文学的な文章、近代以降の文語文、演劇や映画の作品及び文学などについての評論文などを用いることができる

「国語表現」

  • 必要に応じて、音声や画像の資料などを用いることができる

「古典研究」

  • 古典としての古文及び漢文とし、日本漢文を含める
  • 論理的に考える力を伸ばすよう、古典における論理的な文章を取り上げる
  • 必要に応じて、近代以降の文語文や漢詩文、古典についての評論文などを用いることができる

各科目の標準時間数

各科目における領域別の授業時数については、答申に高等学校の国語教育の課題として「話合いや論述などの『話すこと・聞くこと』、『書くこと』の領域の学習が十分に行われていないこと」が示されたことなども踏まえ、1領域のみの「古典探究」を除く全科目において、〔思考力、判断力、表現力等〕における各領域の授業時数を示しています。
特に、「書くこと」の時間が多く取られていることから、大学入学共通テストで一度は見送られた記述式の問題が、今後取り入れられる可能性が考えられます。

各科目の「内容の取扱い」に示された各領域における授業時数

思考力、判断力、表現力等
話すこと・聞くこと 書くこと 読むこと
現代の国語 20~30単位時間程度 30~40単位時間程度 10~20単位時間程度
言語文化 5~10単位時間程度 【古典】
40~45単位時間程度
【近代以降の文章】
20単位時間程度
論理国語 50~60単位時間程度 80~90単位時間程度
文学国語 30~40単位時間程度 100~110単位時間程度
国語表現 40~50単位時間程度 90~100単位時間程度
古典探究

※「古典探究」については、1領域のため(「読むこと」のみ)、授業時数を示していない

高校の学習へはどう影響する?

新しい学習指導要領では、これまで一つの科目で扱ってきた評論と文学を、別々の科目「論理国語」「文学国語」などで教えることになったため、どの科目を選択するかという点が話題になっています。
大学入試では評論の出題割合が高いため「論理国語」を選ぶ高校が多いのではないかと言われていますが、「文学国語」を選択しない場合、長年親しまれた定番小説に触れることがないまま卒業する生徒がいる可能性も指摘されています。

一方で、経済協力開発機構(OECD)が実施する国際学力調査(PISA)では、2015年の調査で読解力の平均点が低下、その後の調査でもさらに下がりました。
原因として、文章を丁寧に読み解き、登場人物の心情をくみ取っていくという、多くの人が慣れ親しんできた「教材の読み取りが指導の中心」の国語の授業が原因とされ、文部科学省は高校の新学習指導要領で「実社会での活用」に大きくかじを切り、国語の科目を再編することとなりました。

国語教諭のあいだでは、感性や情緒が育まれ、表現力や思考力の土台になる文学を授業で扱わないことは考えられないという意見もあります。
1年生の授業だけで古典と小説の両方を学習することは難しく、頭を抱えています。

大学入学共通テストへはどう影響する?

現段階では大きな変化は認められないものの、2020年度以降実施の共通テストでも、複数の文章を関連付けて答える設問や、新学習指導要領の趣旨を踏まえた問題作りがなされています。
大学入試センターは、2024年度(令和7年)実施より国語の試験時間を90分とし、「多様な文章を提示し、より思考力・判断力・表現力等を発揮して解くことが求められる問題を重視した出題を一層工夫していく観点から、問題量を増やす検討をしていると発表しています。

国語

多様な文章を提示し,より思考力・判断力・表現力等を発揮して解くことが求められる問題を重視した出題を一層工夫していく観点から,問題 量を増やす方向で問題作成の方向性や構成等を検討します。

このことから、今後、2024年度以降に実施の大学入学共通テストは新学習指導要領の趣旨を踏まえた入試対策が必要となってきます。

まとめ

新しい学習指導要領では科目構成も大きく変化!
高校では新学習指導要領の趣旨に沿った学習が必須

  • 高校での必履修科目は「現代の国語」「言語文化」
    選択科目は「論理国語」「文学国語」「国語表現」「古典探究」
  • 大学入試を考えると高校では「論理国語」「古典探究」の選択が多いと見込まれているが、長年親しまれている文学に触れる機会が減るのではないか懸念されている
  • 大学入学共通テストの問題量はますます増加の見込み

国語ではジャンルに偏らず、語彙力などを身につける上でもさまざまな種類の文章に触れることが良いと言われています。自分の所属する学校または目指す学校では何を学ぶのか、また何を選択できるのかを確認しましょう。
そして、大学入試では問題量がさらに増加することが見込まれています。時間内でしっかりと解き切るための準備も必要です。

関連キーワード

人気記事

あなたの読解力をテスト!読み解く力を鍛える方法とは?
2020.02.27

あなたの読解力をテスト!読み解く力を鍛える方法とは?

読解力を鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。
読解力を向上させるためのいくつかの方法をご紹介します。

あなたの思考力をテスト!思考力って鍛えられるの?
2020.03.02

あなたの思考力をテスト!思考力って鍛えられるの?

学校や仕事、日常生活の中などで直面する様々な問題。
そんなときに必要となるのが、「思考力」です。

小学校低学年が速読トレーニングを受ける時に大切にしたい3つのポイント
2018.10.09

小学校低学年が速読トレーニングを受ける時に大切にしたい3つのポイント

日本速脳速読協会 広島事務局 横山 静先生に“小学校低学年が速読トレーニングを受ける時に大切にした3つのポイント”をお伺いしました。

2021年度実施 大学入学共通テスト国語 文字数を分析 数学でも文字数増
2021.01.22

2021年度実施 大学入学共通テスト国語 文字数を分析 数学でも文字数増

2021年1月16日、2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト1日目が行われました。

2021年度実施 大学入学共通テスト英語 語数を分析
2021.01.22

2021年度実施 大学入学共通テスト英語 語数を分析

2021年1月16日、2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト1日目が行われました。

日本の高校生の読解力が4位から15位に急落。読解力の高い生徒の特長は?
2019.12.04

日本の高校生の読解力が4位から15位に急落。読解力の高い生徒の特長は?

12月3日に経済協力開発機構(OECD)が公表した国際学習到達度調査(PISA)で、日本の高校生の読解力低下が浮き彫りになりました。