スポーツにも役立つ!?数字早押しトレーニングに挑戦

この記事は1372文字です。
約1分で読めたら読書速度1200文字/分。

スポーツのトレーニングにも取り入れられる、数字を早押しするゲームを一度は見たことがありませんか?
このゲームには検索力・集中力が必要で、仲間や相手チームの位置を正しく知り、次の行動を考えなければならないスポーツに役立つ力です。

速読には必要な文章を探すための検索力や、長文を読むための集中力が必要なため、こういったトレーニングも行われます。
この記事では実際にトレーニングに挑戦してみます。

※トレーニング画面は「みんなの速読」のものです

検索力とは?

数字早押しトレーニングに必要な検索力・集中力…
集中力はよく聞きますが、検索力とはなんでしょうか?

検索力とは「語句などを検索する力」「文章を読み解く上で必要になる能力」です。

スポーツや勉強にも役立ちますが、ネットリテラシーを高める力でもあります。
現在はインターネットやスマートフォンが広く普及しており、ネットリテラシーは生きていくうえで必要な力です。

早速トレーニングに挑戦してみよう!

レベル1は画面上の数字を1~20まで順番にさがすトレーニングです。

かんたんですね!がんばります!
…38秒でした!う~ん、6が見つからなくて焦りました…
38秒はとてもいい結果ですね!
レベルが上がっていくと、どんどん難しくなりますよ。

日本速脳速読協会 高橋

レベル3は数字の1〜30まで。

レベル6は漢数字がまざります。

え!漢字ですか?むずかしそう~
みんなはどのくらいで解けるんですか?
それでは、トレーニングを続けているみんなのデータを紹介します。

日本速脳速読協会 高橋

12万人のトレーニング受講月別データ

速さは人によって差がありますが、トレーニングを続けると検索する力も伸びてくることがわかります。
2年以上トレーニングを続けた方は、25秒以内ですべて見つけられる人が増えてくるようです。最も速い人はなんと、約10秒ですべて見つけることができました

23.5秒!やっぱり続けると速くなっていくんですね
トレーニングで検索力を鍛えると、テストでも解答するのに重要なキーワードが見つけやすくなりそうですね!ぜひ部活やスポーツでも役立ててください。

日本速脳速読協会 高橋

まとめ

数字早押しトレーニングで検索力が鍛えられる

1回だけの計測に留まらず、スピードをあげることを意識して取り組むことで、検索力は鍛えることができます。
検索力はスポーツにも勉強にも役立つ力。伸ばしていきたいですね!

関連キーワード

人気記事

時代とともに変化する!?日本の語彙
2023.02.17

言葉の意味は時代と共に変わる!?変化する日本語の語彙

日常の会話やコミュニケーションなど、生活に欠かせないのが母国語の『語彙』です。文化庁が実施した調査の結果でも、言葉やその使い方について、社会全般の課題があると答えた人が8割を超える結果となっています。

2024年度実施 大学入学共通テスト国語 文字数を分析
2024.01.22

2024年度実施 大学入学共通テスト 国語 文字数を分析 難易度は昨年並みだが、速読解力は必須

2024年1月13日、2024年度(令和6年度)大学入学共通テスト1日目が行われました。国語は、文字数は昨年並み。出題意図が明確な問題が多かったものの、昨年同様複数の文章や資料を関連付けて答えを導き出す力が必要です。

2024年度実施 大学入学共通テスト英語 語数を分析
2024.01.22

2024年度実施 大学入学共通テスト 英語 語数を分析 3年連続6,000語超え

2024年度(令和6年度)大学入学共通テストが、2024年1月13、14日に行われました。リーディングでは3年連続で6,000語を超え、リスニングでは今年も非英語母語者が混じる会話や、グラフや図と絡めた出題がみられ、総合的な英語力が問われました。