お知らせ

ニュース

業務処理力アップや資格取得を目指すビジネスマンに朗報! 自宅で速読トレーニング「みんなの速読Biz Edition」

全国2000教室以上の教育機関で導入されている速読トレーニングプログラム「みんなの速読」の企画開発を行なう株式会社SRJ(本社:東京都中央区、代表:堀川直人)は、ビジネススキルの向上や資格試験合格など、情報処理スピードを必要とする社会人に向けて、自宅で手軽に速読トレーニングが続けられるアプリ「みんなの速読Biz Edition」を発売しました。




●業務効率改善や読書量アップに役立つ、自宅でできる速読トレーニング

・業務処理能力アップに効果的!
毎日目にする膨大な量のメールや資料、インターネット情報などの活字情報の処理スピードが格段にアップし、日々の仕事の効率化が期待できます。

・読書量が増えてあらゆる知識が身につく!
通勤・通学電車のわずかな時間やちょっとした空き時間で、驚くほど読書量を増やすことができます。

・試験の学習にも効果を発揮!
読書スピードが3倍になれば、参考書や関連図書を3分の1の時間で読めるようになり、反復学習に時間を費やすことが可能です。
また、長文化傾向にある実際の試験でも有利になります。

・自宅で学習できる速読プログラム
教室へ通い続けるのが難しい方でも、ご自身のパソコンやiPadとインターネット回線があれば、好きな時間にどこでもトレーニングすることができます。

・学習履歴機能でトレーニングの成果を確認できる
トレーニングごとに学習履歴を搭載しています。トレーニングの伸びや学習の成果を客観的に確認し、常に目標を定めながらトレーニングを続けることができます。


●「斜め読み」や「飛ばし読み」ではない速読を身につける
「速読」とは、文字通り読書速度を加速することを言います。速読に対する「速かろう浅かろう」という誤解は、斜め読みや飛ばし読みと言われるテクニカルな読み方には多少なりともあてはまるかもしれませんが、理解度を落とさないまま読書スピードを上げていく速読法もあるのです。
「みんなの速読Biz Edition」では、1分間に何万文字というような超人的な能力ではなく、内容の理解度をチェックしながらスピードを向上していくトレーニングを通して、より実践的な読み方を身につけることを推奨しています。
日頃の業務や学習において、文章をサッと読んで理解する方もいれば、読むこと自体に時間がかかり、その間に理解力や集中力が持続できなくなる方もいます。
読み解く能力やスピードは、学習量、読書量だけでなく仕事量にも直結するスキルと言えます。


●速読は情報化社会に有効なビジネススキル
速読は、次世代の高度情報化社会に必要な、多様な情報を読み解き、柔軟な思考を促す情報処理能力を養うための能力開発として広がりをみせており、仕事や学習の面だけではなく、スポーツや脳活性にも効果が期待できるコンテンツとしても注目されています。
トレーニングプログラムの詳細や料金、お申込み方法は「みんなの速読  Biz Edition」ホームページへ。
オンラインで手軽に自分の読書速度を計ることができる「読書速度ハカルくん」という機能も搭載していますので、この機会にぜひ体感してみてください!
 

過去アーカイブ