よくあるご質問

お客様からいただく、
よくあるご質問におこたえします!

Q速読トレーニングにはどのようなものがありますか?
A
「速読解力講座」では、見る力を鍛える「眼筋トレーニング」や、速解力を鍛える「解くトレーニング」、様々な能力を鍛える「脳力トレーニング」など、合計40種以上のトレーニングがございます。
詳しくはこちらの動画をご覧ください。
Q何歳でも受講できますか?
A
速読解力講座の場合
小学校1年生用の文章から用意しています。
A
社会人速読の場合
大学生や社会人など、高等学校卒業以上の年齢から受講いただけます。
Q速読はスポーツには効果がありますか?
A
「速読解力講座」では、周辺視野や瞬間視などスポーツに有効な目の機能や判断力を向上させる効果が期待できます。プロの選手やスポーツ強豪校でも多く取り入れています。
Q自宅でも速読トレーニングはできますか?
A
速読解力講座
社会人速読の場合
教室で受講していただく講座です。
Q速読で理解度は落ちないですか?
A
理解度を確認しながらトレーニングするので、落ちません。トレーニングでは常に『理解度』を重視しているため、それに基づいたトレーニングとその成果を確認する検定を実施しています。
Qどれくらいで速読力が付きますか?
A
1年以上をおすすめしています。目標数値にもよりますが、ある程度高いレベルでの定着を目指すのであれば、1年以上の受講をおすすめします。入試直前に短期間でトレーニングを行っても効果は期待できますが、スピードへの意識を変えるという意味合いのほうが強くなってしまいます。そのため、1年ほど継続して速読力の定着を目指したほうが、長期的に見てメリットは多いです。
Q毎日トレーニングしなくても大丈夫ですか?
A
週1回〜2回のトレーニングをおすすめしています。筋トレと同じように、できるだけ前回のトレーニングから期間を開けないほうが成果がでやすいです。ただ、「速読解力講座」では週に1回で効果が出ることが実証されていますので、スケジュールに合わせて無理のない範囲で継続して受講してください。
Q読書速度と読解速度の違いはなんですか?
A
当協会では、通常本を読むときの速度(読む速度)を「読書速度」、さらに文章を読んだ後に設問に正しく解答できる速度(読み解く速度)を「読解速度」とし、両方をバランスよく鍛えることを目指します。
Q速解力検定だけを受検することはできますか?
A
受検するためには「速読解力講座」開講教室で「お名前」や「学年」の登録が必要です。また、審査基準となるトレーニングの記録が必要となりますので、お近くの開講教室にお問い合わせください。
Q読書速度は普通どのくらいですか?
A
日本語の場合、小学生300文字/分、中学生500文字/分、高校生〜一般600文字/分位とされています。速読トレーニングでは読書速度3倍以上を目指します。
英語の場合、中学生50wpm、高校生60wpmとされています。 速読英語トレーニングでは読書速度120wpm倍以上を目指します。
※wpm・・・1分間に読めるWord(単語)数
Q速読はどのような仕事、職種で活かしていけるでしょうか?
A
仕事でたくさんの資料やメールを読む際に役立ちます。また、速読トレーニングによって「処理速度」がアップするため、どんな職業でも役立てることができます。たとえば、料理をする時に同時に作業をする際にも処理能力は必要です。

速読聴英語の
よくあるご質問におこたえします!

Q対象学年を教えてください。
A
小学校高学年から高校3年生(大学受験生)までを対象としています。
Qトレーニングやコンテンツのレベルはどれくらいですか?
A
英語学習初級から難関大学受験までを対象としています。英検®でいうと5級から準1級までが対象です。
Q未就学児や小学校低学年でも受講できますか?
A
対象学年外ではありますが、アルファベットの読み書きができ、英語に苦手意識のないお子様でしたら受講可能です。
Qwpmとはなんですか?
A
words per minuteの略で、1分間に一定の理解度を保って読める語数(読書速度)を表しています。一般的な中学生のwpmは50wpm、高校生は75wpmとされています。速読聴英語では120wpm以上を目指します。
Q英語で速読や倍速リスニングを行うのは難しくないですか?
A
人間の脳には外部からの刺激に柔軟に順応する「可塑性」という特性があり、それを活用したトレーニングですので、難しく構えず、眺めたり聴いているだけでも十分効果があります。
Q入試や英検®やTOEIC®などの民間試験に役立ちますか?
A
近年はあらゆる入試や民間試験で単語力はもちろん、リーディング力・リスニング力がより試される傾向にあります。速読聴英語は英語の「読む」「聴く」力を重点的に鍛えるトレーニングですので、あらゆる試験に役立ちます。また、英検®、TOEIC®、高校・大学入試の対策コンテンツもございますので、目的に応じてトレーニングすることが可能です。
Qどのくらい続ければよいですか?
A
目標数値にもよりますが、ある程度高いレベルでの定着を目指すのであれば、1年以上の受講をおすすめします。
Q入試直前に短期間でトレーニングを行っても効果は期待できますか?
A
トレーニングペースにもよりますが、スピードへの意識を変えるという意味合いのほうが強くなり、実践的な効果は期待できません。そのため、やはり1年ほど継続したほうが長期的に見てメリットは大きいです。
Qどれくらいの期間で効果を感じられますか?
A
トレーニングペースにも個人差はありますが、週に1回のトレーニングであれば3ヶ月ほどで効果を感じられる方が多いです。ただ、トレーニングを進めると読書速度が伸び悩む「停滞期」も訪れます。実力が定着し次の読み方への移行に必要な期間ですので、この時にトレーニング方法を変えず、継続することをおすすめします。
Q文法知識は必要ですか?
A
英文の中で未知の単語が5%以内であれば意味を理解、推測することは可能ですので、文法知識がなくてもトレーニングを進めることは可能です。また、速読聴英語では単語テストで正答率が100%にならないと次のトレーニングに進めないようになっています。ただし、入試や民間試験では文法知識は必要とされますので、並行して学習して頂く必要はございます。
Q自宅のパソコンやスマホでもトレーニングできますか?
A
自宅のパソコン、iPadおよびスマホでもトレーニング可能です。英語をスキルとして身に付けるには演習量は重要ですので、積極的に活用することをおすすめします。
※開講教室外で利用する場合、一部のトレーニングに制限がかかります。
※推奨動作環境や利用方法はお近くの開講教室にお問い合わせください。
Q英語の「書く」「話す」のトレーニングはありますか?
A
速読聴英語は「読む」「聴く」に特化した教材のため、「書く」「話す」を目的としたトレーニングはありませんが、ディクテーションやシャドーイングなど「書く」「話す」の素地を身に付けられるトレーニングをご用意しております。