日本速脳速読協会について

日本速脳速読協会 代表高橋 智恵

  • ・ 速読による、新たな書籍や情報との出会いの提供
  • ・ 速読を通じた、社会に貢献する人づくり
  • ・ 速読に通じた、豊かな人生の実現

上記を実現し、今後は全国の教育機関を通じた速読教育による学力・仕事力向上と読書支援を継続的に推進し、
社会に貢献、活躍する人づくりを目指して邁進して参ります。

読書支援を通じた次世代の育成

当会は教育機関グループとして、学習の根幹を形成する「読書」や「正確に速く読み解く力の育成」といった読書支援・速読教育の可能性を確信し、これらを通じて次世代の人材育成の一翼を担いたいと考えております。活動の一環として、全国の学習塾・予備校・学校と連携し、都市部だけでなく地方や離島の子どもたちにも読書支援や速読受講ができる機会の創出に注力しております。今後は全国の教育機関を通じた速読教育による学力・仕事力向上と読書支援を継続的に推進し、社会に貢献、活躍する人づくりを目指して邁進して参ります。

多読による心の豊かさを目指して

当会では一般的な速読法とは異なり、「速くそして正確に」を前提とした実践速読を推進しております。 欧米では、学生から大統領まで様々なライフシーンで速読が活用されており、確固とした地位を得ております。日本の皆様にも速読を通じて "豊かな人生の時間をふやす"一助になればと願っております。

スポーツする子どもたちを応援する
「フリー・ビブスプロジェクト」

日本速脳速読協会(株式会社SRJ)では、日本青少年育成協会の理念に賛同し、地域貢献とスポーツに取り組む青少年をサポートするため、地域のスポーツチームにビブスを無料で提供する「フリー・ビブスプロジェクト」に協賛しています。

沖縄県宜野湾市宜野湾小学校
男子ミニバスケットボール部様

那覇市立那覇中学校
バスケットボール部様

東日本大震災における支援活動

当協会では被災地の一日も早い復興を願い、次のような支援活動を実施しました。

図書カードの寄贈

読書を通じて子供たちの笑顔を取り戻したい!当協会より、福島県いわき市、岩手県宮古市、岩手県大槌町の教育委員の各教育委員会を通じて被災された子どもたちへの読書支援として図書カード計300万円分を寄贈しました。

右:いわき市教育委員会教育長 吉田浩氏
左:日本速脳速読協会 代表堀川直人氏(当時)

速読講座の開講

2012年~福島県の市立小学校(3校)に、支援活動の一環として速読講座を 提供しております。
毎週1回、子どもたちに楽しみながら速く正確に読むトレーニングに取り組んでいただいています。2012年度は、いわき市立小学校の速読受講生が、 青少年読書感想文全国コンクールの全国1位(内閣総理大臣賞) を受賞されました。 速読をして、好きな本をたくさん読むことができ、 いい本に出会えてよかったと喜んでいただいています。

  • 住所

    〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3-3-3
    サンビル備後町5F

  • 電話番号

    06-6264-4161

  • 運営会社

    株式会社SRJ