新聞×速読「読む力」

※日本速脳速読協会は株式会社SRJの運営する任意団体です。

新聞×速読「読む力」とは、読売新聞社・ SRJ(日本速脳速読協会)共催の「新聞」を活用した「速読」体験型イベントです。読売新聞を使った速読体験、脳科学者・茂木健一郎氏の講演など、読むことの楽しさ、読むことの意味、「読む力」を感じることのできる一日です。

共催:読売新聞社

2013年度大学入試では、175校が読売新聞の記事を採用し、出題件数は234件にも上っています。その為、新聞から情報を得ることを習慣として身に付けることが必要となっています。
でも、新聞を毎日読むなんて大変…と、思っているあなたへ!!! 親子揃って楽しむことができる内容が盛り沢山!皆様お誘い合わせの上ぜひ、ご参加ください。※読売新聞、学研教育みらい調べ、2013年7月12日現在

開催日2014年4月12日(土)
場所東京コンファレンスセンター品川 5F(地図
内容メイン会場13:00~15:00 ※事前申し込みが必要です。

ご好評につき定員に達しましたので、申込みを締め切りました。
多数のお申込みありがとうございました

新聞×速読で”読む力”はあがるのか?
「新聞」を使って「速読」すると、"読む力"が簡単に、かつ効率的に上がる?!!
その理由をわかりやすく解説します!
脳を活かす勉強法 茂木健一郎先生
「勉強が面白くてたまらなかった」という茂木先生が、自身の体験と脳科学の観点から独自の勉強法を大公開。子どもから大人まで誰もが勉強が好きになる具体策が満載!

茂木健一郎先生プロフィール
脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。 慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特別研究教授。 1962年、東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、同大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専門は脳科学、認知科学。理学博士。主な著書に、『脳を活かす勉強法』『脳が変わる生き方』『創造する脳』(以上、PHP研究所)
などがある。

速読大体験会!
速読の達人と一般の読み方の違いを比べたり、実際にパソコンやタブレットを使用してトレーニングする事ができます。
個別体験エリア13:00~16:00 ※事前申し込みは必要ありません。
速読個別体験
パソコンやタブレットで速読トレーニングの体験ができます。

対象速読に興味のある小中高生とその保護者の方
参加費用無料

トップに戻る

速読甲子園とは