1. 速読英語をやってみた印象と実感したこと

    前は英語が嫌で。文章が多いじゃないですか。だから先に問題を見て、関係しそうな単語を探してという解き方をずっとやっていました。
    速読英語でずっとなぞり読みのトレーニングを続けていたら、塾の長文の課題のとき、目で追うスピードが速くなっているし、それでもわからないということがなかったから、すごいなあと思いました。
  2. トレーニングの中でいいなと思うところは?

    リスニングの2倍速機能です。
    以前は何を言っているのかを先生に確認していたけど、最近文章が長くなってきても、2倍速で聴いてわかろうってしていたら、だいたいわかってくるようになりました。
    問題演習でも、まず力を試せて、そのあと伸びたかなと確認できるから、前半にリスニングや演習があるのはいいなと思います。
  3. 模試や試験等のリスニングで、役立っていますか?

    試験ではリスニングは2回流されますが、7月に初めて五ツ木模試を受けたときは速読をまだあまりしてなかった時期だったので、2回全部聴いても、答え合わせをしたら正解は7割か8割くらいだったんです。
    でも最近の五ツ木模試のリスニングでは、1回目で全部解き終わって、空いた時間に他の問題を見たりとか、次の問題を読んでおいたりできました。1回聴いて全部解答できるというのは成長したかなって思いました。しかも全問正解だったんです。だから役立ったかなと思いました。
入学からの読書速度推移
※wpmとはwords per minuteの略で、1分間に読めるワード(単語)数のことです。

後輩へのメッセージ

部活の後輩には勉強が苦手な子が多いので、英語だけでも得意になっておこう!

他の体験者・保護者の声

    他のコースの声も紹介!