【速読情報館】https://www.sokunousokudoku.net/media

スポーツにも取り入れられている数字早押しトレーニングに挑戦

スポーツのトレーニングにも取り入れられる、数字を早押しするゲームを一度は見たことがありませんか? このゲームには検索力、集中力が必要で、仲間や敵の位置を正しく知り、次の行動を考えなければならないスポーツに役立つ力です。
速読には必要な文章を探すための検索力や、長文を読むための集中力が必要なため、こういったトレーニングも行われます。

早速挑戦してみましょう!

日本速脳速読協会
代表 高橋

早速挑戦してみましょう!
まずはレベル1から!画面上の数字を1~20まで順番にさがすトレーニングです。

挑戦者

かんたんですね!がんばります!
・・・
38秒でした!
う〜ん>< 6が見つからなくて焦りました。

38秒はとてもいい結果ですね!
レベルが2、3、4、5、6と上がっていくとどんどん難しくなりますよ。


▲レベル3は1〜30まで

▲レベル6は漢数字がまざります!

え!漢字ですか?
むずかしそう〜
みんなはどのくらいで解けるんですか?

それでは、トレーニングを続けているみんなのデータを紹介します。

「いそいで 数字」 12万人のデータを分析

速さは人によって差がありますが、トレーニングを続けると検索する力も伸びてくることがわかりますね。2年以上トレーニングを続けた方は、25秒以内ですべて見つけられる人が増えてくるようです。最も速い人はなんと、約10秒!ですべて見つけることができました。

※2014年2月~2016年10月受講者データ 有効件数126,424件

23.5秒!やっぱり続けると速くなっていくんですね

トレーニングで検索力を鍛えると、テストでも解答するのに重要なキーワードが見つけやすくなりそうですね!
ぜひ部活やスポーツでも役立ててください。

まとめ

数字早押しトレーニングで検索力が鍛えられる

1回だけの計測に留まらず、スピードをあげることを意識して取り組むことでスポーツやテストに有効な検索力は鍛えることが出来るといえます。

関連キーワード