【速読情報館】https://www.sokunousokudoku.net/media

速読博士が速読に関しての不安や疑問点を解決! vol.2

速読博士が速読に関しての不安や疑問点にお答えします!

速読博士 ともえ.T
速読インストラクターを経て弊社で速読普及のために日々、全力を注ぐ。大の速読好き。

最近読書速度が伸び悩んでいるみたい。

速読博士 ともえ.T

定着期間(停滞期=プラトー)かもしれません。
速読の効果は受講開始から半年以降で実感する方が多いようです。その頃から「定着期間」と呼ばれる、次の読み方に移行する時期に入ることがあります。これは、速くなった読書速度を定着させるために、進歩が一時的に止まる(プラトー状態)期間です。一般的な学習でも同じことがあると言われており、不安に思うことはありません。速度をしっかり定着させるために定型文は変えず、理解度を保ちつつ、さらに速く読もうと前向きにトライし続けることが大切です。

速読をやっていても成果がよくわかりません。

毎月のイベントや年2回の検定で確認できます。
毎回のトレーニングで計測する読書速度は、グラフで確認できます。また、年2回行われる「速解力検定」はトレーニングの成果が総合的に判定され、個人成績表が発行されますので、伸びている部分や苦手なポイントをチェックすることができます。「ランキングイベント」では、毎月全国約2万人の受講生と、オンライン上で楽しく競うことができます。

漫画や雑誌でも“読書”になりますか?

多くの活字に触れ、読書経験を増やすことが大切だと考えます。
活字(文章)が苦手なお子さまに、いきなり小説や辞典をすすめることは難しいと思います。漫画や雑誌が好きであれば、その内容に関連する本などをすすめることで、語彙や表現を学ぶ機会を増やす‘きっかけ’をつくってみてください。